若はげ急増注意報!10代という若さでも、女性でも薄毛に・・原因と対策

若はげ急増注意報!10代という若さでも、女性でも薄毛に・・原因と対策

薄毛1 若年性脱毛症 近年、急増している現象です。

10代の若者でも薄くなる傾向があり

女性でも悩んでいる方が増えてきています。

髪が薄くなっても決して命には係わるといった深刻さはありませんが、

思春期の若者や髪が命の女性にはかなり深刻な問題です。

一体その原因とは何なのでしょうか?

原因と対策を探っていきます。

若年性脱毛症とは?

syanpoo

若年性脱毛症というのは、10代から30代までの若者が男性性脱毛症を発症する事を指します

通常であれば、男性性脱毛症というのは老化の一部ですが

若年性脱毛症は老化が始まる以前から発症することから

何らかの原因でヘアサイクルが乱れ、

抜け毛が多くなると考えられます。

ちなみに、女性の若年性の薄毛の場合は「びまん性脱毛症」の疑いがあります。

びまん性脱毛症とは?

hargtiryou びまん性脱毛症とは女性特有の脱毛症で、

髪の毛全体が薄くなります。

男性性脱毛症と違う点として生え際の後退が確認できない点が挙げられます。

成長をしきらない状態での脱毛が多くなってくることが原因とされます

中年以降の女性に見られる脱毛症です。

若年性脱毛症の原因とは?

育毛効果無い

若年性脱毛症の原因は主に

・睡眠不足

睡眠不足によるヘアサイクルの乱れが薄毛の原因になります。

夜更かし、夜遊びをしたくなる気持ちもわかりますが

大事な髪を労わるのであれば、

なるべく日付が変わる前に就寝する努力をしましょう

適切な睡眠時間についてはこちらの記事を参考にしてください

・ストレス

現代人はストレスから逃れることは至難の業

考え方によってはストレスを溜めないようにと考える事もストレスになりかねません。

人生、生きていれば負けではありませんので

根を詰め過ぎず、適度にがんばりましょう。

・ホルモンバランスの崩れ 毛4 ここが最も重大な原因かと思います。

特に10代から薄毛の進行が進んでいる人は要チェックです。

思春期というのは非常にホルモンバランスが不安定な時期で

この時期に過度なストレスや不規則な生活、

食生活の乱れなどがあると 薄毛になりやすいです。

心配な人は育毛に必要な栄養素を積極的に摂取して

就寝時間を適切な時間に摂り

規則正しい生活を心がけましょう

育毛に必要な栄養素についての記事はこちらをご覧になってください

・ジャンクフードやスナックなど劣化した油を多く摂取することによる肝機能の低下 不健康 肝機能が低下すると薄毛になる。

有名な話ですが、それはどういったことなのか?

肝臓は髪が成長するのに必要なたんぱく質を合成してくれる働きを持っています、

肝機能が低下することにより、

髪の成長が出来なくなり 成長し切る前に抜け落ちていってしまいます。

ジャンクフードなどに含まれる劣化した油は

肝臓で代謝される際かなり負担をかけてしまうので

食べ過ぎると結果的に薄毛の原因を作ってしまう事になります。

・その他病的疾患の初期症状 生える育毛 病的要因でも薄毛になります。

肝機能の低下をはじめ、内蔵機能疾患 甲状腺ホルモンの異常など

病的な要因で薄毛になるケースも存在します。

体調が優れず、抜け毛が多くなってきたと感じたら

医療機関を受診することをお勧めします。

それ以外にも原因は多数ありますが

大まかな原因として挙げられるのは以上です。

現代社会における生活習慣の副産物とも言えるものが多く見受けられます。

全て正すことで改善は期待できますが

現実問題今の生活を全て髪のために投げ捨てることは中々できる事ではなく

若年性脱毛症をライフスタイルから改善していくことは簡単な事ではないように思われます。

びまん性脱毛症の原因とは?

びまん性脱毛症の原因として

・老化

加齢に伴って、血流が低下して

髪を作り出すシステムの停止によるごく自然な要因です。

多かれ少なかれ60歳を超えるとこういった症状が現れるのが普通です。

それ以前からのびまん性脱毛症はその他の要因が疑われます。 ・ストレス 最悪シャンプー ストレスは若年性脱毛症の要因と同じで

環境によるストレスなのであれば、思い切って全て投げ出すことも選択肢に入れると楽ですよ。

・過度なダイエット

過度なダイエットによる薄毛は ダイエットによって髪を作り出す栄養素が供給されないことが原因です。

最低限必要な栄養素は確保したうえで健康的に痩せることをお勧めします。

ダイエットと育毛を両立させるための方法を記述した記事はこちら⇒

・ピル(経口避妊薬) 薬 ピルを服用することによる薄毛というのは、

ピルを一定期間服用して中止すると、髪の休止期が多くなり

時にはびまん性脱毛症を引き起こすと言われています。

女性ホルモンが乱れるという事ですね。

・劣悪なシャンプー

一般的に出回っている市販のシャンプーには強力な洗浄成分が入っており

使用し続けるとタンパク質が変性して発毛を阻害します。

頭皮環境を悪化させる原因となりますので、

気になる方は 良質のシャンプーを使用することをおすすめします。

シャンプーの重要性について書いた記事はこちら⇒

など、若年性脱毛症の原因と似通った原因が多く存在します。

では、若年性脱毛症とびまん性脱毛症にどう対処していくべきなのか?

 

上記の原因に全て対処していくことは非常に難しいことと思われますが、

出来るだけ減らす努力をすることが第一です。

対処したうえで、効果的なシャンプーや育毛剤を使用することをお勧めします。

若ければ若いほど細胞分裂が盛んですので、高確率で薄毛が改善する可能性があります。

諦めないで正しい対処をすることが重要です。

人気シャンプーランキングはこちら⇒ 人気育毛剤ランキングはこちら⇒

タイプ別薄毛対処法カテゴリの最新記事