オーロラシャンプーのあまりの凄さに戸惑いを隠せない

オーロラシャンプーのあまりの凄さに戸惑いを隠せない

オーロラシャンプー

オーロラシャンプーは乾燥肌や敏感肌の人に適したシャンプーと言えます。

育毛効果も高く、女性だけでなく男性にも適したシャンプーです。

界面活性剤には低刺激性の成分を配合していて

さらに、栄養を補い髪を健康にしてくれます。

安全性

水、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドDEA、BG、ココイルメチルアラニンNa、ココイル加水分解コラーゲンK、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ブッソウゲ葉エキス、アセチルテトラペプチド‐3、アカツメクサ花エキス、デキストラン、フムスエキス(フルボ酸エキス)、ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド、白金(プラチナ)、セラミド1、セラミド3、セラミド6II、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、カミツレ花エキス、ビワ葉エキス、イノシトール、リンゴ果実培養細胞エキス、ハイブリッドローズ花エキス、グリセリン、レシチン、キサンタンガム、カプリン酸グリセリル、ラウリン酸ポリグリセリル‐2、ラウリン酸ポリグリセリル‐10、ポリクオタニウム‐10、ノバラ油、フェノキシエタノール

強い洗浄作用のある成分は使っていませんね。

安全性には問題ありません

特筆すべきせいぶんとしては洗浄成分のココイルグルタミン酸TEAですね

洗浄力は申し分ありませんし、毛髪へのダメージはほぼ無いでしょう。

ココナッツ

ジラウロイルグルタミン酸リシンNaも素晴らしい成分です。

一般的なシャンプー剤には配合されない成分で、

洗浄と補修を同時にしてくれるという

優秀な成分です。

育毛の面でもとびぬけていますです。 アセチルテトラペプチド‐3というミノキシジルの3倍の育毛作用がある成分が配合されています。

アカツメクサ花エキスも強力な育毛効果を持った成分です

キャピキシル

男性性脱毛症を予防してくれるイソフラボンの一種であるビオニカンAが

脱毛の原因を退治してくれます。

リンゴ果実培養細胞エキスが細胞の寿命を延ばしてくれるので

発毛のチャンスを増やしてくれています。

補助的な成分としてはフムスエキス(フルボ酸エキス)ですね。

成分の浸透を効果的にしてくれると同時に

頭皮のうるおいを補給、さらに柔軟化までしてくれるという優れものです。

オーロラシャンプー使ってはいけない人

保湿成分が多めに入っているため脂性の方には向きません。

洗浄力も優しい感じなので、物足りなく感じる人もいると思います。

値段も高めに設定されていますので、

敷居が高く感じるかもしれません

しかし成分を見ると、この値段は仕方ないか・・と思えるほどの豪華さです。

敏感肌や乾燥肌の人にはかなりおすすめなシャンプーです。

刺激物が見当たらないので、安心して使用できます

育毛を本気で考えている人はこのオーロラシャンプー1本で完結してしまうくらいの完成度ではないでしょうか?

発毛、育毛の秘訣
発毛、育毛の秘訣

公式サイトはこちら

   ↓

オーロラシャンプー

成分分析

  • ココイルグルタミン酸TEA

ヤシから取れた脂肪酸と海藻類に含まれる成分、グルタミン酸が合わさった洗浄成分です。

グルタミン酸のぬめりが髪を保護してくれ、キューティクルを守ってくれます

陰イオン系の洗浄成分なので頭皮へのダメージも心配いらない成分と言えます。

人体への影響は皆無といったやさしい成分です。

  • コカミドDEA

コカミドDEAはシャンプー中の増粘剤の役割をします。

単体では刺激性も洗浄力もありません。

  • 1,3-ブチレングリコール(BG)

主に化粧品類の安定剤や保湿成分、防腐剤に使われる成分です。

パラベン系よりも安全性においてはだいぶましで、現在の化粧品には欠かせない成分です。

  • ココイルメチルアラニンNa

ココナッツ

ヤシ油脂肪酸とアラニンで作られるアミノ酸系界面活性剤。

アミノ酸系の中でも刺激が少なく安全性が高い成分。

適度な洗浄力・泡立ちがある。

  • ココイル加水分解コラーゲンK

ヤシ油由来の陰イオン性界面活性剤。

保湿効果、柔軟効果があります。 起泡剤としても使用されます。

  • ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

別名ぺリセア 天然由来の脂肪酸とアミノ酸からなる合成界面活性剤。 強力な毛髪の補修作用とバリア機能を備え、 一度補修した箇所からは流出しづらいという特性を持っています。

下手なトリートメントやリンスを使うくらいなら ぺリセア含有のシャンプーのみで事足りるくらいの成分です。 安全性も問題ない成分です。

  • ブッソウゲ葉エキス

ハイビスカス

ハイビスカスの葉のエキスです。

植物性ヒアルロン酸と呼ばれるほど保湿力が高い成分です。

  • アセチルテトラペプチド‐3

ミノキシジルの3倍の力を持った成長因子です。

細胞外マトリックスの修正作用がかなり強力で 毛包の構造を維持することに活躍します。

  • アカツメクサ花エキス

アカツメクサ花エキスにはイソフラボン類が多量に含まれており、

その中でもビオニカンAと呼ばれるイソフラボンには 男性性脱毛症の原因である5αリダクターゼを抑制してくれる効果があります。

  • デキストラン

乳酸菌などによってスクロースからされる多糖類の一種。

肌細胞のエネルギー源にとても近い構造をしているので 肌細胞を活性化させうるおいを与えます。

  • フムスエキス(フルボ酸エキス)

フムスエキス(フルボ酸エキス)は美容液として最高クラスの成分です。

美容液のみならず健康食品などにも使用されている安全性の高い成分です。

効果は保湿、ただ保湿するだけではなく頭皮の深部にまで栄養素を浸透させる効果があります、

それによって頭皮の酸素運動を活性化させ皮膚の代謝を促すのです。

  • ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド

ピロリジニルジアミノピリミジンオキシドはミノキシジルと同じ効果をもたらすものです。

いわば疑似ミノキシジルともいえる成分、 頭皮と髪のコンディショニング効果があります。

  • 白金(プラチナ)

プラチナ

白金(プラチナ)は強力な抗酸化作用のある物質として古くから使われて来ました

紫外線からのバリヤー機能や抗菌作用もある物質です。 化学式的にも安定しているため、安全な成分です。

  • セラミド1

セラミドには11種類あり、その中の一つです。

セラミド1には保湿効果と外部刺激からのバリヤー機能があり 頭皮を守ってくれます。

また、皮膚の柔軟性を保つ効果もあり頭皮を柔らかくしてくれる効果が期待できる成分です。

  • セラミド3

セラミド3は髪の補修効果や保湿効果が優れている成分です。

抽出するのに手間がかかり、高額なため 滅多に配合されない成分です。

  • セラミド6II

セラミド6IIは保湿効果とターンオーバーの活性化の効果があります。

古くなった角質を剥がし、皮膚代謝を促進指摘くれます。 加齢によって不足しやすい成分です。

  • ヒアルロン酸Na

ヒアルロン酸

強力な保湿成分として有名なヒアルロン酸Na

1グラムで6000リットルの水分を保持できる驚異の成分です。

保湿剤として添加されています。

  • 水溶性コラーゲン

保湿、保水性に優れた高級成分です。

浸透力が高く、毛髪内部からバリア機能を発揮してくれる優秀な物質です。

  • カミツレ花エキス

別名カモミール花エキス 抗炎症作用、

皮膚代謝促進作用、抗菌作用、保湿、収れん作用を持つ成分です。

  • ビワ葉エキス

毛髪の成長を促進させる「FGF-7」という物質の生産を助け、

毛髪の成長を止める「FGF-5」という物質を抑制する効果があります。

  • イノシトール

保湿、保水性に優れ 脱毛予防、皮膚病予防にも効果的な成分です。

  • リンゴ果実培養細胞エキス

リンゴ

皮膚幹細胞の寿命延長、必須細胞の老化遅延、抗老化など強力な老化防止作用を有し

今、美容業界で注目されている成分です。 発毛作用も確認されています。

  • ハイブリッドローズ花エキス

毛髪にハリ、コシ、つやを与え 保湿力に優れた効果を発揮する成分です。

  • グリセリン

保湿効果に優れた成分です。 安全性が高く安定しています。

  • レシチン

高い保湿効果、他の成分の浸透を助ける効果があります。

  • キサンタンガム

粘度調整剤で食品などにも添加される成分。 安全性の高い成分です。

  • カプリン酸グリセリル

天然由来の安全な成分です。 エモリエント効果、保湿作用、乳化剤を目的として使用されています。

  • ラウリン酸ポリグリセリル‐2

ラウリン酸ポリグリセリル‐2はヤシ油やパーム核油から得られるラウリン酸と、

ジグリセリンから得られる界面活性剤です。 シャンプーの品質を安定させます。 保湿作用があり安全性も高い成分です。

  • ラウリン酸ポリグリセリル‐10

ラウリン酸ポリグリセリル‐10は植物脂肪酸のラウリン酸と、

水溶性保湿成分のポリグリセリン‐10とのエステルで ノニオン界面活性剤です。

安全性に長けて、食品にも添加できる成分です。

  • ノバラ油

のばら

収れん作用、保湿効果があります。

  • フェノキシエタノール

防腐剤、抗酸化剤です。 パラベン類と比べずっと安全で高性能の成分です。 人気シャンプーランキングはこちら⇒ 人気育毛剤ランキングはこちら⇒

育毛シャンプーレビュー・解析カテゴリの最新記事