断食すると髪が生える!?

断食すると髪が生える!?

空腹感を感じると発毛することが判明

空腹感を感じると、髪の成長や発毛に役立つといった研究結果が発表されたようです。

 

元名古屋市立大学大学院教授の岡嶋研二博士は

「IGF‐1(インスリン様成長因子1)育毛理論」の中で

「空腹時間を長く取ることは、育毛にいい影響を与えるだろう」と述べています。

 

今回は、空腹感と発毛についての関係性を書いていこうかと思います。

HARG療法でも使われている物質を増やす作用がある

グロースファクター(成長因子)

発毛率90%のHARG療法でも使われているグロースファクターの影響を受けることによって

増える物資つ「IGF‐1」が空腹時の長さに比例して増える作用があるようです。

 

これは、空腹時に胃の内部で「グレリン」という物質が作られて

そのグレリンが作用しIGF‐1を生産するという仕組み。

 

さらに、空腹で活発になった胃の内部の知覚神経がCGRPという物質を生産します。

このCGRPが血管拡張作用を発揮してくれて、結果的に育毛効果をもたらしてくれるのです。

基本は腹八分目

栄養補給

東洋医学において、現代人は栄養の取りすぎおよび食べすぎによる内臓の代謝が低下しており

週一で断食すると体調が良くなるとのことです。

 

がしかし、実際問題働いていると断食というのは仕事に支障が出そうなので

あまりやりたがる人はいないのかと思います。

 

それが、育毛につながるとしても実行する人は少ないでしょう。

妥協案としては「腹八分目の日を作る」「半日食べない」

など、日常生活に無理を与えないプチ断食をおすすめします。

 

特に夜に食べないというのは、朝の目覚めが違いますし

すっきりと目覚めることができますので、ストレス解消にも効果があります。

まあ、普段からお腹いっぱい食べないことを意識していれば問題ないのかと思いますが

育毛効果がある「空腹」試してみてはいかがでしょうか?

 

注意点としてはやりすぎないことです。

育毛に必要な栄養素も摂らなければ逆効果であることも意識しておくことが重要です。

最新情報カテゴリの最新記事