薬用スカルプジェットによって大量虐殺される「あれ」

薬用スカルプジェットによって大量虐殺される「あれ」
楽天ランキングで上位に入っているスカルプDのヘアトニック薬用スカルプジェットですが、 果たして3150円に見合った効果はあるのでしょうか? スカルプジェット 全成分 6-ベンジルアミノプリン、グリチルリチン酸2K、ピロクトンオラミン、リンゴタンニン、ニンジンエキス、チユエキス、オオバナサルスベリエキス、ホウセンカエキス、 メントール、BG、エタノール、無水エタノール、DME、二酸化炭素 有効成分として6-ベンジルアミノプリンという聞きなれない成分が入っています。 これは、別名サイトプリンといって毛髪の成長因子としての役割を果たしてくれる成分という記述があります。 グリチルリチン酸2Kは頭皮の炎症を抑えてくれる効果、使用量が多くなければ有力な抗炎症作用を発揮してくれます。 ピロクトンオラミンは殺菌作用があるため脂漏性皮膚炎の抑制に役立ってくれます。 リンゴタンニンは活性酸素の抑制をしてくれます、頭皮の老化防止をしてくれて柔軟に保ってくれる効果。 ニンジンエキスというのはオタネニンジン(別名高麗人参)という種類の人参から抽出される成分で、 漢方薬として古くから使用されているもの。効能はニキビ予防、代謝促進、フケ予防、血行促進、脱毛予防、保湿 チユエキスは保湿と殺菌 オオバナサルスベリエキスは脱毛予防と育毛効果 ホウセンカエキスは男性ホルモンの抑制効果があります。

薬用スカルプジェットの総合評価

全体的にバランスの良い製品だと思います。 育毛効果が期待できる成分と保湿のバランスが取れています しかし、殺菌作用が多めに配合されていることが気になります。 殺菌のし過ぎはむしろはげる。 男性性脱毛症 サクセスでサクセスしない3つの理由でも書きましたが、殺菌をしすぎることは頭皮には毒です。 ヘアトニックという性質上エタノール類が多めに配合されていることもマイナスポイントです、 エタノールには気化熱を奪うことにより強力な殺菌作用があります 一部の特殊な菌を除いて死滅させる殺菌作用をもっているため、 エタノール類+多めの殺菌成分の組み合わせは危険です。 総合評価としては育毛効果がありそうなサクセスと言ったところでしょうか?

6-ベンジルアミノプリンの本質

サイトプリンは製薬会社の発表で「発毛促進因子」であるといわれています。 しかし、あくまで製薬会社の発表。医学業界に認められているわけではありません。 日本皮膚科学会によるとサイトプリンの評価は「十分な根拠のないもの」との記述があります これはサクセスの有効成分と同じ評価であり、信憑性のないものとの位置づけです。 そもそもサイトプリンは植物の成長を促し、果実を多く実らせるための成分です 育毛成分 人間の毛髪に効果があるかは疑問が残る成分と言えます。

スカルプジェットは値段に見合うものか??

同じ価格帯の育毛剤にはもっと良質の育毛剤が多く存在します。 あくまでヘアトニック 自己満足の域は出ないでしょう、髪が増えるのか?と言えば難しいと思います。 よって、スカルプジェットは購入すべきではありません。 人気シャンプーランキングはこちら⇒ 人気育毛剤ランキングはこちら⇒

話題の製品のレビューカテゴリの最新記事