RHIZOGAIN-リゾゲイン-という次世代の育毛剤の効果とは?髪を生やすことは可能か?

RHIZOGAIN-リゾゲイン-という次世代の育毛剤の効果とは?髪を生やすことは可能か?

頭皮のアンチエイジングに焦点を当てた育毛剤 RHIZOGAIN-リゾゲイン- RHIZOGAIN-リゾゲイン-

グロースファクターも配合されていて、次世代の育毛剤の一つとして期待が出来そうな商品です。

頭皮の老化を防ぐという事

3つもある!?21世紀の新しい頭皮の老化防止方法の記事で

頭皮の老化は脱毛の大きな原因であることはお伝えしましたが、

頭皮の老化を防止してくれる育毛剤や育毛シャンプーは

これまで数えるくらいしか発売されてきませんでした。

 

ましてや、頭皮のアンチエイジングに焦点を当てて特化した育毛剤は初めてではないでしょうか?

このRHIZOGAIN-リゾゲイン-にはアンチエイジング成分がふんだんに配合されていて

育毛の大きな障害である「頭皮の老化」を食い止めてくれる作用が非常に優秀です。

 

RHIZOGAIN-リゾゲイン-には2種類の育毛剤を組み合わせて使うという特徴があり、

より多角的な育毛効果が期待できる製品と言えます。

 

RHIZOGAIN-リゾゲイン-ヘアエッセンス

RHIZOGAIN-リゾゲイン-ヘアエッセンスには育毛剤によって髪を生やすという役割があります。

血行促進成分としてセンブリエキス、酢酸DL-α-トコフェロール、ゴボウエキス、シャクヤクエキス、ショウブ根エキス、ニンジンエキス トウキエキス、ジオウエキス

アンチエイジング成分としてジオウエキス、シャクヤクエキス、ショウキョウエキス

男性ホルモンの抑制成分としてオウゴンエキス、

 

オウゴンエキスはブブカやチャップアップ、ヘアドーンに配合されている有効成分で

強力な男性ホルモンの抑制が期待できる成分ですね。

 

その他の成分は抗菌作用や保湿をメインとして配合されているようです。

主な効能は血行促進して毛髪の成長を促し、頭皮環境を髪が生えやすいように整える。

頭皮の老化を食い止めることにより頭皮を柔軟に保ち、保湿成分によって維持する。

男性ホルモンを抑制することにより、抜け毛の原因を抑える。

といった効果が期待できる育毛剤と言えます。

 

RHIZOGAIN-リゾゲイン-ヘアエッセンスを使用することにより、頭皮の発毛しやすい環境は整います。

RHIZOGAIN-リゾゲイン-スカルプBST

RHIZOGAIN-リゾゲイン-スカルプBSTには薄毛の進行を食い止めるといった効果があります。

 

また、再生医療業界からも注目を集めている成分リンゴ果実細胞培養エキスを配合していて

強力な脱毛抑制効果を発揮してくれる育毛剤です。

  • リンゴ果実細胞培養エキス

世界的に希少なリンゴから採れる細胞を培養した成分。

 

この細胞は人間の髪の細胞に変化するといった特性を持っていていわば「髪の素」

この髪の種ともいえる成分を直接使用することにより

髪が生える可能性を飛躍的に向上させることを実現している。

ヘアエッセンスで耕し、スカルプBSTで種を植えるそんなイメージ。

 

また、このリンゴ果実培養エキスは休止期の髪を抜けにくくしてくれる効果があります。

  • 抜け毛を減らすRHIZOGAIN-リゾゲイン-スカルプBST

RHIZOGAIN-リゾゲイン-スカルプBSTの抜け毛予防の成分として 男性性脱毛症の予防 コムギ胚芽エキス、タイツリオウギ根エキス、ダイズ種子エキス、ザクロ種子エキス

頭皮のアンチエイジング成分として シリカ(ケイ素)、コプチスチネンシス根茎エキス、酢酸トコフェロール、アスコルビルリン酸Na

代謝促進成分として ダイズ種子エキス、ザクロ種子エキス、ハイビスカス花エキス、パントテン酸Ca

皮脂の過剰分泌を抑制する成分として ピリドキシンHCI、アスコルビルリン酸ナトリウム

グロースファクターとして クロクスクリサンツス根エキス

その他にも血行促進作用のある成分や、毛母細胞の活性化を促し発毛を助けてくれる成分が配合されています。

 

RHIZOGAIN-リゾゲイン-スカルプBSTは成分の面から観ると主に男性性脱毛症の抑制を主に行う育毛剤で

発毛補助成分が充実している育毛剤と言えます。

また、最新の育毛技術を取り入れていて,今までの育毛剤で生えにくかった人にも効果を発揮しそうな育毛剤と言えます。

RHIZOGAIN-リゾゲイン-ヘアーエッセンスRHIZOGAIN-リゾゲイン-スカルプBSTの組み合わせで 血行促進、毛髪の成長因子の活性化、髪の種の補給、男性性脱毛症の抑制、血行促進、炎症の抑制、毛母細胞の活性化 など、様々な角度からのアプローチによる発毛が見込まれるので

発毛能力は今までの育毛剤に比べ飛躍的にアップしているといえます。

 

RHIZOGAIN-リゾゲイン-の残念なところ

 

RHIZOGAIN-リゾゲイン-のとても惜しい部分がいくつかあります

それは、添加物の量 安息香酸ナトリウムや香料、メチルパラベンなどの添加物は毒性こそ低いものの

あまり頭皮に良い影響を与えません。

 

しかし、添加物による防腐効果はばかにできず防腐作用のない育毛剤は雑菌の温床になりやすい為

雑菌まみれの育毛剤を使用するよりはよっぽどましです。

時代遅れの添加物を使用している点を除けばRHIZOGAIN-リゾゲイン-

立派な次世代育毛剤と言えます

 

育毛効果も従来の育毛剤よりも効果が期待できる製品で、

これからもっと改良を重ねることにより 強力な発毛剤へと進化を遂げるでしょう。

2014年の段階ではモンゴ流スカルプエッセンスdeeperに次ぐ優良育毛剤ではないでしょうか?

人気シャンプーランキングはこちら⇒ 人気育毛剤ランキングはこちら⇒

育毛剤レビュー・解析カテゴリの最新記事