サクセスでサクセスしない3つの理由

サクセスでサクセスしない3つの理由

育毛トニックサクセス

良くメディアで見かける製品です。 育毛を語るからには育毛効果があるのでしょうか?

気を付けなければならないのはサクセスはトニックであり育毛剤ではないという事

そもそも育毛トニックという言葉は正式な言葉ではなく造語で

正しくはヘアトニックと言い、頭皮の殺菌や清涼感を与えることを目的としています

なのでヘアトニック自体に育毛効果はありません、

サクセス育毛トニックはどういった根拠で育毛を語っているか見ていきましょう。

成分分析

ニコチン酸アミド

●有効成分:トランス-3.4-ジメチル-3-ヒドロキシフラバノン、ニコチン酸アミド、ピロクトンオラミン ●その他の成分:エタノール、精製水、二酸化炭素、無水エタノール、ユーカリエキス、黄杞エキス、トウガラシエキス、メントール、dl-カンフル、BG、イソノナン酸イソノニル、乳酸

有効成分にあるトランス-3.4-ジメチル-3-ヒドロキシフラバノン、通称t-フラバノンは 花王が独自に開発した成分で、

抜け毛を抑制してくれるという効果があるそうです。

花王の実験によるとt-フラバノンは脱毛促進因子(tgf-β)を抑制してくれて

さらに、毛髪の分子量の増加、毛髪を抜けにくくしてくれる効果があると報告されています。

ニコチン酸アミドは血行促進効果、ピロクトンオラミンは殺菌効果のある成分で

脂漏性皮膚炎の原因であるマラセチア真菌に効果があるといわれています。

その他の成分でを見てみるとエタノール類が多めに配合されているようです、

あまりエタノールの含有量が多いと頭皮の水分が失われて、

バリア機能が低下する恐れがあります。 他にも刺激が強い成分が多く配合されています、

トウガラシエキス、dl-カンフル、乳酸と頭皮への刺激が強く 使いすぎると炎症を起こしてしまう可能性があります。

サクセスでは育毛はサクセスしない理由

サクセス

  • 頭皮への刺激過多

エタノール類やそのほかの刺激成分の多さから頭皮環境の悪化が心配な製品です。

肌が過敏な方は1発で真っ赤になってしまう可能性があります

保湿成分がイソノナン酸イソノニル1種類のみと少なく、 頭皮へのダメージが心配です。

  • 殺菌しすぎによる炎症

有効成分にあるピロクトンオラミンが配合されていること自体は問題ないのですが、

エタノール類の過剰な量とケアしてくれる成分が黄杞エキスだけなので

必要な常在菌まで殺菌してしまい、バリア機能を奪っていきます。

結果殺菌しすぎによる炎症が発症して、抜け毛が増大する可能性があります。

  • t-フラバノンの信憑性

日本皮膚科学会の発表によると、「t-フラバノンの信頼性は十分な根拠が認められない」 とされています。

特許があるのかもしれませんが、ポリピュアEXのバイオポリリン酸と同じように

十分な信憑性と臨床データで裏付けされていない成分と言えます。

サクセスで育毛は可能か?

育毛剤で生やす

育毛トニックサクセスで育毛は可能かどうかと言いますと、

逆にはげる可能性を含んでいる製品ではないでしょうか?

頭皮環境の悪化、殺菌しすぎによる炎症、頭皮の乾燥、頭皮の硬化 上記の症状が起こる可能性を含んでいます、

育毛トニックという名前に騙されないように。 この製品では育毛は不可能です。 人気シャンプーランキングはこちら⇒ 人気育毛剤ランキングはこちら⇒

話題の製品のレビューカテゴリの最新記事